飲食店で効率よく仕事をまわす方法

効率良く働こう!飲食店で仕事をまわすコツ

なぜ飲食店はこんなにも忙しい?

どんな仕事でも優先順位が明確で無いと効率良く動く事は出来ません。経営者が常に考えているのはもちろんですが、働く側も常に優先順位を考え周りの人に周知していかなければなりません。 一般的な飲食店で優先になりやすい業務とこなし方について紹介しています。

まずは優先順位をつける事

人間が生きていく中で切っても切れないのが食事です。その食事を提供してくれるのが飲食店で、周りを見渡すだけでも数多くのお店があります。暇な店舗が無い訳ではありませんが、基本的にほとんどのお店が忙しい時間帯を持っています。これが他の業界であれば繁忙期・閑散期と別れているのですが、なぜ飲食店は閑散期が少ないのでしょうか?
冒頭で説明した様に、人は食事をしないと生きていけません。人によっては自炊をされる方もいますが、仕事をしていると外食に偏ってしまう。あるいは作るのが面倒、料理が苦手と様々な理由があります。
外食は塩分過多になると言うのはもう昔の話です。近年の飲食店は栄養バランスだけでは無く、ダイエットに適しているメニューや炭水化物を抑えたヘルシーなメニューを提供しています。
ちなみに飲食店が忙しい理由は多々ありますが、単にお客さんが多く入っているからではありません。そのお店のノウハウやマニュアルに問題があるケースもあります。例えばお客さんの書き入れ時にホール業務では無く掃除や、チラシ作成をしていては意味がありません。
お客さんや売上が伸びるには何をすれば良いのか?より効率的に動くには何が必要なのか?というポイントを常に考えなければいけません。経営者だけでは無く、飲食店で働く従業員にも考えて欲しい「効率化」について説明していますので、参考にして見て下さい。今回はそんな飲食店の効率化にスポットを当てて紹介しています。

暇な時こそ働くべし!

お客さんがいなくなって暇になった。忙しかった分だけゆっくりしよう。確かに休息も重要ですが、忙しかった時に後回しにしていた業務に取り掛かればより効率的に仕事を遂行出来ます。 お客さんが少ない、または暇な時こそやるべき仕事内容をピックアップしています。

効率良く働く際の注意点

みんなが効率良くテキパキと働けば、今よりもたくさんの仕事をこなせる。経営者としては嬉しい事ですが、ただ働かせるだけでは従業員も疲れてしまいます。 それがあまりにも酷いと離職率が高くなるだけではなく、新たな働き手も入ってこなくなってしまいます。

TOPへ戻る