海の生き物を観察しよう

海の特徴を把握しよう

クマノミを発見しよう

みなさんは、クマノミという種類の魚を聞いたことがあるでしょうか。
イソギンチャクの中に生息している熱帯魚になります。
熱帯魚屋さんに行くと販売されていますし、クマノミが主人公になった映画なども存在するので誰でも観たことはあると思います。

そんな有名なクマノミを、シュノーケリングによって観察できます。
テレビで見るのと実際に見るのとでは。全く印象が変わると思います。
シュノーケリングでは、魚に詳しい知識を持っているスタッフが一緒についてきてくれるツアーが多いです。
クマノミを生で見ながら説明を聞くことで、理解が深まると思います。
勉強するためにシュノーケリングをする人は、どのようなスタッフがついてきてくれるのかまで調べてください。


撮影が難しいクマノミ

クマノミは小さく身体の色が綺麗なので、人気の高い熱帯魚です。
シュノーケリングで出会った魚たちを、写真に残したいと思っている人も多いのではないでしょうか。
イソギンチャクの中で暮らしているという特徴があるので、クマノミを見つけることは簡単だと思います。

ですが、動きがすばやいので綺麗な写真を撮ることは難しいかもしれません。
根気強くクマノミを追いかけて、ベストショットを撮ってください。
特に、人間が近付くと逃げる可能性が高いです。
脅かさないように、ゆっくり近づくか遠くから撮影することを心がけてください。
無理に追いかけると、クマノミがストレスに感じるので気をつけてください。
野生で生活している生き物は、ストレスを感じやすいです。