海の生き物を観察しよう

ナマコを見学する

どんな種類がいるのか

ナマコと言っても、大きくなれば50センチ以上になる種類もいれば20センチ以下にしかならない種類などたくさんいます。
いきなり海に行って大きなナマコを見かけると、びっくりする可能性があるので前もって大きさを把握しておくと良いでしょう。

従来は、ナマコは気持ち悪いという認識を持っていた人が多かったと言われています。
ですがここ数年で人気が上昇して、ナマコのストラップなども増えました。
シュノーケリングを通してナマコが好きになった人も見られるので、気に入ったらおみやげにナマコグッズを購入するのがおすすめです。
ナマコは、人間が歩けるぐらいの浅瀬にも生息しています。
意識して足元を見ていないと、踏んでしまうことがあるので見落とさないでください。


注意すべきナマコ

ナマコは他の魚に比べて、動きがとても鈍いです。
ですから人間が近付いても、逃げられる心配はありません。
写真に収めるぐらいなら良いですが、触るのは少し気をつけてください。

中には、毒を持っている種類も見られるので触っても問題ない種類なのかスタッフに確認してください。
毒を盛っていなくても、粘着性のある液体を出すナマコもいます。
人間は優しく触ったつもりでも、ナマコにとっては攻撃を受けているのと同じ感覚です。
ですから自分の身を守るために、毒を出しています。
自然界の生き物なので、そのような危険を持っていると認識しましょう。
ナマコを発見したからと、むやみに触ることは控えてください。
あくまでも目で見て楽しむだけに留めましょう。