飲食店で効率よく仕事をまわす方法

効率良く働こう!飲食店で仕事をまわすコツ

>

効率良く働く際の注意点

利益ばかりを見るのは危険

飲食店の利益を少しでも上げて安定させたい。それは誰もが思っている事ですが、目先の利益ばかりを優先していると思わぬ落とし穴にハマってしまう事もあります。
効率化とブラック体制を混合してしまい従業員に無理をさせ過ぎてしまう場合もあります。
飲食店はそこで働いてくれる従業員がいてこそ成り立っています。お客さんの次に従業員、そしてオーナーや経営は三の次です。人間味のある対応、配慮をしなければ自然と人は離れてしまいます。引き締める部分、緩める部分はメリハリをつけて対応して下さい。
長年同じマニュアルを使っている場合は定期的にマニュアルを見直しより効率化が出来るか、あるいは従業員に無理をさせていないかといったポイントを確認する必要があります。

プロへ依頼する際の注意点

既存のメンバーで効率化を目指すのが難しいのでプロの手を借りる。プロのノウハウや実績をそのまま得られるので多くのメリットがあります。
しかしこのサービスを利用するにも注意が必要です。まずカリキュラムが完了するまでの間、明確な理由が無い限り途中解約は不可です。場合によってペナルティが課せられるケースもあります。
続いては既存従業員との賃金の格差です。既存従業員からすれば急に入ってきた人間がマニュアルを改正し、且つ自分の賃金と格差があると知る事でトラブルが発生する事もあります。
事前に従業員へ効率化を図る為に外部からプロを呼ぶ事を周知しなければなりません。これらを共有する事で、大きなトラブルや対立を防げます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る